fc2ブログ

口臭について

セラピストは、見えている体の部分(顔色、髪、爪など)から内臓などの状況や栄養状況を推測します。
また、ある種のにおいなどからも推測します。
というわけで、口臭について・・

口からの臭いは、アンモニア、アミン類、揮発性硫化物、脂肪酸などがあり、たんぱく質の分解によっておきる。 口腔(歯周病)、鼻腔、咽喉の病気から、臭いが始まる。
口の中は約500種類の細菌のすみかで、特に嫌気性細菌はタンパク質を好んで分解する。
その結果生じた化合物(VSC、アンモニア、アミン、低級脂肪酸など)が悪臭を放つ。
誰でも口臭はあるが、臭いの強い人・ない人は、わずかな濃度物質に差による。
唾液分泌の低下による口腔乾燥は大きな原因となる。
ただ実際には、歯間にフロスを入れ、こまめにお口の掃除をしていればそう臭いが強くなることはない。
歯垢(プラーク細菌の塊) →嫌気性菌(空気が嫌い) →産生した毒素、酵素 →歯肉に炎症 →組織破壊(血球成分、剥離上皮、死滅した細菌)などのタンパク質の分解 →嫌気性菌、タンパク分解酵素によりタンパク質の分解が高まる →その結果、タンパク質は分解される過程で含硫アミノ酸に変化し、VSCが発生
・・・このような歯周病での口臭の発生状況をフロスでかなり取り除くことが出来る。

ちなみに、口臭は食間に増強、食中・食後に減少する。
また口臭は加齢とともに強くなる傾向があり、女性ではホルモンの影響を受けやすい。

口臭の分類
①生理的口臭 ・・・口の乾燥によるもの~起床時の口臭、空腹時口臭、加齢による口臭、薬剤の影響、口呼吸や緊張時、ストレスなどによる口臭
その他には、小児の口臭、女性の生理時の口臭などホルモン分泌が不安定時の口臭など。
口腔乾燥は高齢者の4割にみられる。そのほかに、薬剤の影響、口呼吸、ストレス、乾燥した室内循環不良、脱水なども原因となる。薬剤~降圧剤、利尿剤、鎮痛剤、向精神剤

②においのある食べ物
ニンニク、ネギ、ニラ、香辛料、酒など。漢方薬の一部、ビタミンB剤、タバコなど。

③全身の病気から起きる臭気~アミン臭(肝疾患)、アンモニア臭(尿毒症)、アセトン臭(糖尿病)などが代表的。
・呼吸器系疾患 ・・気管支炎、気管支拡張症、肺化膿症、肺壊ソ、肺結核
・耳鼻咽喉科疾患・・ 萎縮性鼻炎、臭鼻症、副鼻腔炎、咽頭炎、喉頭炎、扁桃 腺感染 呼吸器系で特に慢性化膿性炎症がある場合には、主に嫌気性菌による代謝産物として臭気性物質が産生され、膿により口臭はさらに強まる。
・糖尿病・・ ケトン臭(果物臭)が認められることが多いが、血糖値が十分コントロールされている場合は認められない。辺縁性歯周炎等の口腔病変を併発している場合が多い。
・肝疾患 ・・メチルメルカプタン、プロピオン酸等の有臭物質が認められるが、いわ ゆる肝性口臭(甘く、カビ臭いアミン臭)や胆汁臭がする。
・腎疾患 ・・尿毒症でアンモニア臭。
・胃腸疾患 、食道疾患・・慢性胃炎、胃拡張、便秘、大腸ガン 食道や胃に食物が滞り腐敗が起こる場合に口臭を認めることがあるが、比較的少ない。 便秘ではアンモニア臭が認められることがある。 大腸ガンではインドール、スカトール糞臭。
・白血病 ・・硫化メチル臭。

④心因性の口臭 ・・・仮性口臭 自臭症 口臭恐怖症
・口臭を強く訴えて来院するが、口臭測定を行っても、口臭はまったく認められない。自分自身は、口臭の存在を強く確信し、意識している。

【消臭効果のあるもの】
青汁(モクセイ油) 大葉 パセリ クレソン
緑茶 ウーロン茶(ポリフェノール 抗菌作用)
口剤、消臭剤等 ・・マスキング効果で、長くは続かない

参照:町田市歯科医師会

身体のコンディションをベストにするために

今年一年の計、「体調管理」。
もっと具体的に言うと、
「脳と体のコンディションを良い状態に保つ」。
以下、自戒の念を込めて・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゴルフをやっていて後半にインナーマッスルの弱化を感じる⇒おそらく、アルコールのせい
百薬の長とは飲んべえの言い訳で(笑)、アルコール摂取により、ビタミンB群(とくにB3ナイアシンとB1チアミン)、亜鉛、マグネシウム、ビタミンCなどが消費されたり、尿中排泄されたりする。
すると筋肉の状態は悪くなる。
たまのつき合い麻雀で頭がさえる時とさえない時がある⇒これもアルコールのせいだと思う。さえるときは、先が読める感じになるが、さえない時はその場その場で着手している感じになる。
頭がさえるときは、精神状態の良いのがよく分かる。
具体的に言うと、神経伝達物質がバランスされている。
逆に、調子の悪いときは不安、臆病、攻撃性、イライラ・・など過剰に出てくるため、麻雀のバランスに一貫性がなくなる。
たとえば、ドーパミンという神経伝達物質は集中力ややる気、創造力、直感など麻雀のみならず仕事、人生にとって必要な脳の状態をサポートしてくれる。
このような神経伝達物質は、タンパク質をもとにビタミンBやC、あるいは亜鉛やマグネシウムなどが加わって作られている。
ところが、アルコールは上記のようにそういった栄養素を消費・排泄させる。
さらに食事中の大量の水分摂取により、胃酸が薄まる。
すると、噴門がしまらず胸焼けがおこるし、タンパク質やB12あるいはミネラルなどの消化力がダウンする。
まー、ロクなことがない。
そこを知ったうえで、量を減らすとか、サプリメント・食事で補うとかしっかりできればよいのだが、ついつい一人ええじゃないか運動を起こしてしまう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タバコを吸っているひとは、ビタミンCの需要が高まる(ビタミンCは抗酸化作用がある)ので、酒も飲むしタバコもやるしの選手は、脳の状態がベストにはならない。
もちろん、副流煙の問題もあるため、適切なビタミンCの供給(量は個別にみていかないといけない。かなりの個体差がある)をすべき人も多いと思われる。
セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の作られる化学反応の過程でビタミンCなどが必要となるが、それらは精神の安定、脳のコンディションに深くかかわっている。

めまい・・・耳石器障害

めまいの原因には100以上のものがあります。

そのなかのひとつ、耳石器の障害に関して、「耳石器機能障害について 永井 賀子」より。

耳石器の機能について 耳石器には球形嚢と卵形嚢があり,球形嚢では垂 直方向,卵形嚢では水平方向の直線加速度を検出し ている。
耳石器からの反射弓には前庭動眼反射,前 庭頚反射,前庭脊髄反射があり,これらの機能によ り視覚情報の安定や姿勢の保持が可能になる 。
耳 石器機能障害が生じると直線加速度や頭部の傾きの 検出に左右差が出現し,耳石器の反射弓の障害によ って視覚情報や姿勢の安定性に支障をきたす。
姿勢 の不安定性が症状の中心となるとため,耳石器機能 障害のめまいの性状としては回転性めまいというよ り浮動性であることが推測されている。 
耳石器障害によるめまい 温度眼振検査が正常であるにもかかわらず cVEMP や oVEMP が異常を示す患者が存在するこ とが以前から報告されている 。

Seo らは2008年 に非回転性めまいを訴える原因不明のめまい患者18 例中6例で cVEMP の異常がみられたことを報告し ており,それらは前後方向または上下方向の動揺感 を訴えていたことから原因不明のめまいの中に耳石 器機能障害によるめまいが含まれていると指摘して いる 。

Manzari らは,半規管機能正常の一側性 卵形嚢障害を報告している。
この症例の症状は姿勢 保持の不安定性であり,水平性自発眼振がみられ た。水平,垂直半規管の vHIT,カロリック検査, cVEMP は正常で oVEMP は異常を呈した。

耳石器 の単独障害による症状の特徴として急性期の症状は 重く,一部の患者は回転性めまいを訴えるが,多く は起立時,歩行時に倒れそうになる不安定感を訴え ると報告しており,姿勢の不安定性は耳石器機能障害の指標とみなされるべきであると述べている。 

耳石器機能障害によるめまいの病態生理はまだ解 明されていないが,2015年に特発性耳石器障害とい う疾患概念を Murofushi らが提唱している 。
一側 性の側方へ傾斜あるいは並進感,一側性の前後方向 への傾斜あるいは並進感,一側性の上下方向への並 進感のいずれかの症状を持ち,回転性めまいの既 往,意識消失や頭部外傷の既往,中枢神経障害や固 有知覚障害,めまいや平衡障害をきたす既知の疾患 (メニエール病や前庭性片頭痛など)を含まないと いう診断基準を提唱している。
ほかにも,低音障害 型の難聴を伴うが現行のメニエール病の診断基準に 当てはまらない患者に対して,cVEMP,oVEMP 検 査を行い,その結果から責任病巣は球形嚢蝸牛内リ ンパ水腫と考えられる4症例が報告されている 。 また,2018年に Fujimoto らが,277人に温度眼振検 査,vHIT,cVEMP,oVEMP を行った結果を報告 している 。
温度眼振検査が正常,vHIT が正常, VEMP が異常であったのは76人で,疾患の内訳は BPPV(14%),MD(11%)の順に多く,既知のめ まい疾患に当てはまらない28人(37%)が特発性耳 石器機能障害と考えられたと報告されている。
この報告によると最も多かっ た臨床症状は,反復する回転性めまいで,次に起立 時や歩行時の不安定であった。また,反復する drop attack を訴える症例が一例みられた。
持続時間は 2~3秒から数日であり,1~12時間以内というの が最も多かった。
半規管機能検査で正常かつ耳石器 機能検査が異常を示した患者のめまい発作の持続時 間は半規管機能検査で異常かつ耳石器機能検査で正 常を示した患者の発作時間よりも短く,24時間以内 であったと報告している。 
前庭性の drop attack は進行性の内リンパ水腫を 示唆しているとされる。
Tumarkin’s drop attack を 有するメニエール病患者の VEMP 結果から耳石器 機能障害の関与が報告されている 。
Huang and Young は,drop attack を経験したメニエール病症 例は,cVEMP は両側反応がなく,一側,もしくは 両側の cVEMP 異常があったと報告している。
この ような症例の卵形嚢機能は,drop attack 前後で変 動すると考えられている。
耳石器機能障害によるめ まいの性状は回転性めまいというより姿勢不安定な どの浮動性めまいが推測されるが,回転性めまいが 多く,drop attack の症例が報告されている。
これ は耳石器単独の障害ではなく,メニエール病に移行 する症例が潜在する可能性について示唆され,検査 結果が耳石器機能障害のみであっても回転性めまい や drop attack を有する症例では,メニエール病な どの内リンパ水腫が潜在している可能性もあり,長 期的なフォローが望まれる。 予後について 多くの症例で耳石器機能障害は残存するが,姿勢 の不安定性などの症状は改善するとされている。 時間とともに急性期の重篤な症状はなくなるが, oVEMP の非対称性は残存する。症状や検査結果の 経過は半規管麻痺の改善の経過と似ている。以前, われわれは一側性の顔面神経麻痺症例で顔面神経減 荷術後の oVEMP の回復症例を報告したが,上前 庭神経炎の症例でも oVEMP の改善の報告があ り,代償というより卵形嚢の完全な回復例がみら れ,卵形嚢機能は変動している可能性がある。

耳石器機能障害の病態生理は正確 には明確にされていない。
VEMP は反射弓のいず れかに問題があっても異常をきたすため,VEMP 結果が異常であっても,耳石器自体の機能障害とい うわけではない。
姿勢 不安定性や回転性めまいのほかに drop attack を有 する症例でも耳石機能障害を疑う必要があり積極的 な検査が望まれる。
これまで原因不明とされてきた めまいに対して部位診断が可能になり,新しい疾患 概念が生まれた。

メモ

トンプソンさんからの情報より。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スパイクたんぱく質の阻害剤や中和剤・・・松葉、西洋ウツボグサ(Prunella vulgaris)、イベルメクチン、ニーム、エモディン(Emodin)、タンポポの葉エキス

.例えばイベルメクチンは、コロナウィルスのスパイクたんぱく質がACE2受容体にくっつこうとする部分に自らくっついて、人間の細胞膜にくっつけないようにします。
.
その他に、スパイクたんぱく質の中和剤として・・・ N-アセチルシステイン(NAC)、グルタチオン、フェンネル茶、スターアニス(八角)茶、松葉茶、セント・ジョーンズワート、コンフリーの葉、ビタミンC

スパイクたんぱく質のデトックスに不可欠なものトップ10・・・ビタミンD、ビタミンC、ニゲラの種(ブラック・クミン)、ケルセチン、亜鉛、クルクミン、マリアアザミエキス、NAC、イベルメクチン、マグネシウム

.以上に上げた植物成分は「シキミ酸」を含んでおり、それが血栓の形成を防いだりスパイクたんぱく質の有害な影響を減じたりする。納豆に含まれるナット―キナーゼも、血栓ができるのを防ぐ。
.
スパイクたんぱく質は、あなたの細胞のACE2受容体にくっついて、受容体が正常に機能しないようにしてしまいます。このブロックは、組織の機能を麻痺させ、自己免疫疾患の引き金になったり、異常出血や血栓を引き起こしたりします。

イベルメクチン、ヒドロクロロキン(+亜鉛)、ケルセチン(+亜鉛)、フィセチン(フラボノイド)は、ACE2受容体を自然に守る物質の例です。
.
インターロイキン6(IL-6)は、「炎症を起こすサイトカイン」。
WHOは、・・・の重症患者に「IL-6阻害剤」を奨励しています。

ー 天然のIL-6阻害剤/抗炎症剤 ー
.
〇 フランキンセンス
〇 タンポポの葉エキス
〇 ブラッククミン(ニゲラの種)
〇 クルクミン(ターメリック、ウコン)
〇 魚油(オメガ3)
〇 シナモン
〇 ケルセチン(フラボノイド)
〇 レスベラトロール・・・抗酸化作用を持つポリフェノールの一種で、赤ワインに含まれる成分。黒ぶどうの種や皮のほか、ピーナッツの薄皮などに含まれる。
〇 ビタミンD(+ビタミンK)
〇 亜鉛
〇 マグネシウム
〇 ジャスミンティー
〇 月桂樹の葉(ベイリーフ)
〇 黒胡椒
〇 ナツメグ
〇 セージ
〇 緑茶(エピガロカテキン)
〇 アピゲニン
ポリフェノールの一種。 パセリやグレープフルーツ、バジルに多く含まれる
〇 フィセチン・・・フラボノイドの一種。イチゴやリンゴに多く含まれている
〇 ルテオリン・・・ポリフェノールの一種。菊の葉やシソ、セロリ、カモミール茶などに含まれる

これら特定の食品以外に、免疫を上げるためにできることとしては、健康的な食生活をアドバイスしています。具体的には、加工食品を減らすこと。特に、炎症を起こすオメガ6系の種子系オイルの使用を止めることです。
.
それから、時間を決めて食べること。(ダラダラ食べをしない)これが、細胞レベル(ミトコンドリア)の健康と代謝を改善します。これはまた、オートファジー(自食作用、体内の老廃物のリサイクル)を促進させ、有害ウィルスやバクテリアもやっつけてくれます。

健康と寿命を延ばす、またスパイクたんぱく質を解毒するもう一つの方法は、日常的にサウナを使用することです。
体が適度な熱ストレスにさらされると、徐々に熱に順応し、多くの有益な変化が体に起こるようになります。

以上、マコーラ博士の情報からのまとめ。

脳は否定形を受け入れない

脳は否定形を受け付けない性質を持っているので、「〇〇するな」はあまり有効ではありません。

なので、最近のコンビニなどではトイレに 「きれいにお使いいただきありがとうございます」

などと張り紙しています。

以前なら、「汚さないでください!」のような文言もあったように思います。

以下、FBの廣田さんの投稿より・・

障害物を気にすると、障害物にばかり目がいきます。
そうではなく、自分にとって不利なもの〜環境であったり条件であったり
そう言ったものにフォーカスするのではなく、、、
通れる道を探しましょう。
そうするとあなたの前には、脳の検索機能によって、自動的に、、、
「進むべき道」が現れてくることでしょう。
・・・・・・・
潜在意識化で、否定形ではなく、肯定形をインプットしておきましょう。

自分だけでなく、家族、職場、その他でも肯定形の言葉で言いたいことを伝えましょう。

プロフィール

栃谷英樹

Author:栃谷英樹
S48年、奈良県生まれ、しん研良院院長(カイロプラクティックなどの手技療法を行う)

・高校時代…1日5時間勉強の受験漬け⇒自律神経失調症、十二指腸炎
・大学時代…体育会系のクラブとバイト・徹麻⇒慢性の胃痛、喉頭炎
・社会人時代(2年)…長時間労働と麻雀⇒胃痛、不眠症
・自営業と競技麻雀プロ(5年)時代⇒胃痛、肩こり・腰痛、初期肺気腫
・30歳にして自分の健康状態の悪化により競技麻雀プロをやめ、自分の健康を取り戻すべくカイロプラクティックなど代替医療の道へ
・30代…香芝市でカイロ院(しん研良院)開業
・40代…スーパー施術家になるべく臨床、研鑽に日々励んでいます。
・これから…自由自在に人の身体を観て施術できる優秀な手技療法家を目指します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR